Our Projects

NPO法人日本ハワイアンカヌー協会(JHCA)では、60フィートのカヌー建造、ハワイまでの航海を目標に掲げ、その目標達成までの​ステップとして、日本各地でのカヌー建造プロジェクトや乗船会、パドリング練習などを行っています。

Manō Kamakura号

2011年秋、嵐とともに一本の大木が南伊豆・赤穂浦に流れ着きました。

この大木との出会いをきっかけに私たちの古代ハワイアンカヌー「Manō Kamakura号」建造プロジェクトが伊豆・松崎町でスタート。

大木が浜に流れ着いたとき、その傍らに、JHCAの創始者、故タイガーエスペリの守護神であるサメ(ハワイ語でManō)がいた事から、このカヌーは「Manō Kamakura号」と命名しました。JHCAは鎌倉を拠点に活動し、古代ハワイアンカヌーを通じて私たち、そして次世代の自然環境への理解と関心を高め、地域コミュニティとの絆を深める事を目的に、1998年に発足し2009年に法人化。私たちはこのカヌープロジェクトを総称してカマクラ号プロジェクトと呼んでいます。ポリネシア語でカマは子供、クは昇る、そしてラは太陽を意味しつまり「日出ところの子供達」という意味です。カヌー建造に使われた大木は長さ10.7m、重さ約5トン。2012年4月、日本の原住民族であるアイヌの結城幸司さんによるアイヌの伝統儀式と、ハワイ島のクムフラ(フラダンスの巨匠)タウポウリタンガロー氏による建造と航海の安全と成功を祈願したセレモニーを執り行いました。さらに6月にはハワイ島ヒロの著名なカヌービルダーであるレイ・ブーマタイさん、カラニ・カハリオウミさん、アリカ・ブーマタイさん達の指導の元建造に着手。
海から流れ着いた大木は掘ってみるとまだ中が乾いていなかったため10月まで待って作業を再開。
多くの方々による寄付とサポートのもと無事に10月27日(土)晴れ渡る青空の下、湘南や伊豆から集まった人々に見守られ無事に進水しました。

Manō Kamakura号の保管場所を湘南沿岸で探しています。随時ご連絡をお待ちしております!info@kamakurago.com

カヌー建造プロジェクト

Manō Kamakura号で日本一周するという目標のためには日本各地に拠点と仲間が必要です。そのために現在日本各地でカヌーを建造しています。

現在進行中のカヌー建造プロジェクト:

Shibuya Kamakura号

2015年4月から藤沢市西俣野にて建造開始。木の種類は楠です。サーフィンカヌーになる予定です。

Pua Liilii Kamakura号

2015年9月から宮城県仙台市にて建造開始。木の種類は杉です。2017年夏に進水を予定しています。

Mauna Honu Kamakura号

2016年9月から宮城県気仙沼市大島で建造開始。木の種類は杉です。

1/15

Copyright©. JHCA 日本ハワイアンカヌー協会 All Right Reserved. 

Mail : info@kamakurago.com